​海外留学資格コース

海外留学資格対策コース
TOEFL ・ SAT ・ GMAT ・ IELS

TOEFL(IBT) Test 対策コース

(中級・上級目安 TOEIC600点以上)

Reading, Listening, Speaking, Writing の総合力を伸ばし、目標到達点に届くよう指導していきます。
IPA語学学院では、ひとりひとり、きめ細やかに指導する為に、プライベート・セミプライベートに特化し、個人の弱点を徹底的に効率的に伸ばしていきます。


2020年入試改革により、英語の4技能を向上
国内大学でもTOEFLの学習の需要はより今後更に高まって行くことは間違いありません。
既に多くの大学では、推薦入試のみならず一般入試においても出願要件のひとつや

入試英語試験を代用するなど、入試改革を待たずに導入が進んでいます。

SAT対策 アメリカ版センター試験アメリカ以外の国では、年6回受験できる 。ネイティブの学生もアメリカで受験

テストの形式
SAT Reasoning テストは、 「数学」、「読解」、「文法+エッセイ」 の3分野それぞれ800点満点で、 合計2400点が満点です。テストの数は、数学が3テスト、英語の読解が3テスト、 文法2テスト、エッセイ1テストです。 
これに加え得点にならないテストが1つあり、 合計10テストを全体で約3時間かけて解答します。
SAT Subjec tテストは 
科学、社会、言語などの各専門教科のテストが 1時間で終わるようになっていて、 SAT Reasoning テストの受験と平行して行われます。 ですから、最大で3教科まで一度に受験できます。 勿論1教科のみの受験も可能です。

 


 

GMAT対策

(英検1級 レベル TOEIC900点目安)

GMAT(Graduate Management Admission Test)は、ビジネススクールの授業で学ぶために必要な分析的思考力、言語能力(英語による)、数学的能力を測るための試験です。基本的にはMBA留学に必須なテストです。
テストの構成は、2018年4月現在は、Verbal(英語)、Math(数学)、AWA(ライティング)、Integrated Reasoningの4セクションからなります。
TOEFLやIELTSは留学生のための試験ですが、GMATはネイティブの学生にも課されます。GMAT テストはGMACにより実施されています。

IELTS対策

 

International English Language Testing System(IELTS, アイエルツ)とは、英語熟練度を測る英語検定の1つで、ケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル(英国文化振興会)、IDP Educationによって協同で運営されている。アカデミック・モジュール(Academic Module、大学や他の高等教育機関への出願のためのテスト)とジェネラル・トレーニング・モジュール(General Training Module、一般的な生活、仕事や、移住関係に関わる英語のテスト)の2種類がある。

イギリス・カナダ移住の為の英語取得VISAの為でもある。